レザークラフトのすすめ レザークラフトのすすめ

革に魅せられて、レザークラフトを始めました。
ハンドメイドの世界は素晴らしい!

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 花火 | TOP | あけましておめでとうございます(;一_一) >>

2012.12.14 Friday

ひさびさの更新

0
    JUGEMテーマ:レザークラフト
    ブログさぼっています。

    借りているサーバーの契約更新案内で思い出しました
    せっかくお金払ってるんだから、ちゃんとしよう

    前置きはこのくらいで



     

    今回、財布の修理を依頼されました
    おそらく5年以上は使っていただいている代物!!
    嬉しいですね自分の作品をこんなに愛用してくれるなんて。
    頑張って綺麗にしたいと思います。

    手をつける前の写真は撮り忘れました
    内側の色を見ていただくと、相当の使い込み感はお分かりいただけるかと


    依頼内容は、表革の張替えと、この財布は淵をレースで編んであったのですが、ボロボロになったのでやり直し、それと小銭入れフラップのボタン付け替えです。

    まず表革から


    真ん中のスティングレイの革はしっかりしてるので再利用、
    色はあせてますがいい感じのヤレ具合です



    ボタンのところの革が破れて取れかかっています


    フラップ部分の内側を、張替え及びボタン部分の強化もしました。

    パーツの修理が終わり、形にしていきます。
    周りをレースで編んでいきます

    これは、新しいレースと専用の針



    編み方は、ROUND BRAID OR MEXICAN BASKETWEAVE
    ちょっと手が込んでてめんどくさい編み方ですが、一番好きな編み方です。
    編む長さの9倍のレースを用意して編み始めます
    今回540センチのレースを使います。


    ここまで30分最初は長いので大変


    1周しました2時間くらいかかったかな





    完成です!

    これでまたしばらく快適に使っていただけるかと


    革っていいねぇ〜

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 男の手芸へ
    にほんブログ村

    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog.radradrad.net/trackback/75

    トラックバック

    ▲top